蛇にピアス

映画蛇にピアスを無料視聴するならこちら【あらすじネタバレ】

蛇にピアスの原作は、20歳で「芥川賞」を受賞して大きな話題となった金原ひとみの小説。舞台演出家の蜷川幸雄が吉高由里子を主演に、ショッキングな描写満載で描くR-15指定作品。

 

gazo

 

>>蛇にピアスを無料視聴するならコチラ<<

 

顔中にピアス、先端が蛇のように2つに割れた舌、さらに背中に龍の刺青を入れた男・アマと出会い、付き合うようになった19歳のルイ。

 

一方で、アマの紹介で出会ったサディスティックな彫り師、シバとも関係を持ちはじめます。

 

彼らと知り合ったことで、ルイも同様に舌にピアスをあけ、背中に龍と麒麟の刺青を彫るなど、身体改造にどんどんハマってゆきますが・・・。

 

全体的に、満たされることのない空虚感の漂う映画ですが、ある日アマの起こした事件をきっかけに、3人の運命は思いもよらない結末を迎えます。

 

「芥川賞」を受賞した原作には賛否両論ありますが、舞台演出家の蜷川幸雄が心を動かされ、映画化まで行っただけあり、話題性十分なストーリーとビジュアルだと思いました。

 

あらゆる小説が出尽くした感のある現在、たんに文章がうまいというだけでなく、ショッキングな話題性が必要ということなのでしょう。

 

ところで、アマの先端が蛇のように2つに割れた舌「スプリットタン」は、どのようにして撮影されたのでしょう?

 

蛇にピアスの監督は、舞台演出家の蜷川幸雄(『嗤う伊右衛門』、『青の炎』、『Wの悲劇』)。

 

出演者に、ルイ役の吉高由里子(『紀子の食卓』、『重力ピエロ』、『GANTZ』)。アマ役に高良健吾(『苦役列車』、『南極料理人』、『白夜行』)、シバ役をARATA(『20世紀少年』、『ワンダフルライフ』、『ピンポン』)が演じています。

 

 

no.1

 

公式

 

人気

arrow

公式

↑【蛇にピアスを今すぐ無料で見る】↑


 
口コミ好評20件 やや好評11件 普通7件 悪い口コミ8件 無料お試しする⇒