人気韓国ドラマ

韓国ドラマ チュノ〜推奴〜のあらすじ・感想・キャストをご紹介しています。

さて今日は『チュノ〜推奴〜』を見ました。

 

チュノ〜推奴〜は、韓国で瞬間最高視聴率41.9%を記録した時代劇。逃亡した奴婢をオ・ジホ、彼を追う推奴師をチャン・ヒョク、二人の男の間で揺れ動く女を『エデンの東側』のイ・ダヘが演じています。

 

gazou

 

 

>>チュノを無料視聴するならコチラ<<

 

チュノ〜推奴〜は、韓国時代劇の歴史を変えたといわれるエンタテインメント超大作なんですよ。

 

裕福な家に生まれたテギルは、使用人のオンニョンとひそかに愛しあっていました。しかし、奴婢(ぬひ)という低い身分に我慢できなくなったオンニョンの兄、クンノムが屋敷に火を放ち、オンニョンを連れて逃亡します。

 

10年後、テギルはオンニョンを探すうちに、奴婢を追う推奴師(チュノ)になります。また、かつて最強の武将と言われたテハは、友人の裏切りにより奴婢に身を落としています。奴婢となったテハは、推奴師テギルに追われることに。やがてテハは、同じく逃亡中のオンニョンと出会い、行動を共にすることになり・・・という悲しいストーリーです。

 

タイトルになっている「推奴(チュノ)」とは李氏朝鮮時代に実在した職業で、逃亡した奴婢(ぬひ)を捕らえて連れ戻す役目を持っています。

 

推奴という職業についた男と奴婢に転落して逃亡する男、その2人の男の間で揺れ動く女を巡る・・・っていうもの。時代劇なのでアクション多めのラブストーリーですが、時代に翻弄される男女のせつなさがよく描かれていると思います。

 

チュノの演出は、チョン・ソンイル(『逃亡者PLAN-B』、『7級公務員』)。テギル役に、チャン・ヒョク(『マイダス』、『不汗党』、『根の深い木-世宗大王の誓い-』)、オンニョン役に、イ・ダヘ(『エデンの東側』、『不汗党』、『ミス・リプリー』)、テハ役として、オ・ジホ(『内助の女王』、『シングルパパは熱愛中』、『ナイフ使いオ・スジョン』)が共演しています。

 

 

 

no.1

 

公式

 

人気

arrow

公式

↑【今すぐチュノを見てみる】↑

 


 
口コミ好評20件 やや好評11件 普通7件 悪い口コミ8件 無料お試しする⇒