悲夢」

悲夢は、オダギリジョー主演で贈る幻想的なラブストーリー!

 

鬼才キム・ギドク監督が、自身が見た交通事故に遭う夢と、「胡蝶の夢」という故事をモチーフにして創りあげました。

 

>>悲夢を見る【hulu無料視聴キャンペーン中】<<

 

悲夢(ひむ)は、オダギリジョー主演、「胡蝶の夢」という故事をモチーフにした幻想的なラブストーリーです。

 

ある日、印章彫刻師のジンは悲惨な交通事故に遭遇する夢を見ます。夢で見たその事故が気にかかって現場へ行くと、夢で見た事故とまったく同じことが起きています。事故を起こしたのはランという女性ですが、彼女は覚えがないと言います。不思議な現象はその後も続き、ジンの見た夢と同じ行動をランは夢遊病という形でとってしまうことが分かります。

 

見ず知らずの二人は「夢」でつながっているのです。ジンが夢の中で、会いたいと望んでいた昔の恋人に会うと、ランは憎んでいる昔の恋人に会いに行かなければなりません。

 

ランは、これ以上夢を見ないでほしいとジンに頼みますが・・・。

 

少し違和感を感じるのは、オダギリジョーだけ日本語をしゃべり、ほかの人は韓国語をしゃべっていますが、それで会話が成立しているという点です。これを“ギドクワールド”と呼んでもいいのでしょうか?

 

悲夢の演出は、鬼才キム・ギドク。『サマリア』でベルリン映画祭銀熊賞「監督賞」、『うつせみ』でヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞「監督賞」、『アリラン』でカンヌ国際映画祭「ある視点賞」、『嘆きのピエタ』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞しています。

 

ジン役は、オダギリジョー(『奇跡』、『プラスティック・シティ』、『ゆれる』)。ラン役を、イ・ナヨン(『ハウリング』、『パパは女の人が好き』、『私たちの幸せな時間』)。ジンの元カノ役を、パク・チア(『ブレス』、『うつせみ』、『コースト・ガード』)。ランの元カレ役を、キム・テヒョン(『イヴの誘惑』、『放課後の屋上』、『私の生涯一番美しい一週間』)が演じています。

 

 

no.1

 

公式

 

人気

arrow

公式

↑【今すぐ悲夢動画を無料視聴】↑


 
口コミ好評20件 やや好評11件 普通7件 悪い口コミ8件 無料お試しする⇒