韓国ドラマ太陽人イジェマ

韓国ドラマ太陽人イジェマ内容あらすじ感想

太陽人イ・ジェマ〜韓国医学の父〜は、独創的な漢方医学を確立した医学者、イ・ジェマの波乱に満ちた人生を描いた韓国ドラマ。

 

イ・ジェマを演じたのは、『海神−HESHIN−』のチェ・スジョン!

 

>>太陽人イ・ジェマ<<

 

 

太陽人イ・ジェマ〜韓国医学の父〜は、独創的な漢方医学を確立した医学者、イ・ジェマの波乱に満ちた人生を描いた韓国ドラマです。

 

イ・ジェマは、ホ・ジュンが執筆した「東医宝鑑」を元に四象医学を確立した19世紀の医学者で、「韓国医学の父」といわれています。

 

ホ・ジュンは、膨大な東洋医学を中国漢方医学理論を借りて集大成させた人です。イ・ジェマは、咸興で妾の子として生まれましたが、祖父の愛情で明るい若者へと成長します。

 

やがて家の没落により、巫女となった美しいソリと出会って恋に落ちますが、運命は二人を引き裂く結果となります。

 

そんなイ・ジェマに、彼の師匠となった韓医ジャインの娘ウニョンが想いを寄せます。ラブロマンス仕立てになっているのは、視聴者を飽きさせないためでしょう。

 

幼い頃から持病を抱え体力的につらい日々を過ごしていたイ・ジェマは、医術に関心を持つようになっていきます。13歳で家を出て満州などで旅をしながら多くを学び、40歳で無冠官職の地位を手に入れます。

 

太陽人イ・ジェマ〜韓国医学の父〜の演出は、コ・ヨンタク(『空くらい地くらい』、『雪の女王』、『太陽がいっぱい』)。イ・ジェマ役は、チェ・スジョン(『大王の夢』、『海神−HESHIN−』、『ローズの戦争』)。初恋の人ソリ役に、キム・ユミ(『過去を聞かないでください』、『真珠のネックレス』、『ロマンス』)。ウニョン役を、ユ・ホジョン(『お隣さんは元ダンナ』、『愛は誰もができるか』、『カクトゥギ』)が演じています。

 

no.1

 

公式

 

人気

arrow

公式

↑【太陽人イ・ジェマをみる】↑


 
口コミ好評20件 やや好評11件 普通7件 悪い口コミ8件 無料お試しする⇒