オールド・ボーイ

オールド・ボーイ後味悪い?動画ネタバレ感想など…

オールド・ボーイは、パク・チャヌク監督の“復讐3部作”のひとつです。

 

第57回カンヌ国際映画祭で「審査員特別グランプリ」を獲得した、戦慄の韓流サスペンス!

 

>>オールド・ボーイを無料で見る<<

 

 

オールド・ボーイは、第57回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを獲得した戦慄の韓流サスペンス!

 

原作は、作:土屋ガロン/画:嶺岸信明によるコミックスを映画化。日本映画ではなく、パク・チャヌク監督が撮って正解だったように思います。

 

妻と一人娘を持つ平凡なサラリーマン、オ・デスはある日突然、何者かに誘拐されます。監禁された部屋にはテレビがあり、食事も与えられますが、監禁された理由は明かされません。

 

オ・デスはなんとかして脱出しようとしますが、15年もの月日が流れ、ある日突然解放されます。

 

なぜ、このような仕打ちを受けたのか?オ・デスは真相を突き止めようとし、復讐を考えますが・・・。

 

犯人には、15年の月日を待たなければならなかった理由があります。

 

軽快なテンポで話が進みますが、体調の良いときにごらんになることをおすすめします。

 

カンヌ国際映画祭で審査委員長をつとめたタランティーノ監督は、この映画を絶賛していたらしいですが、かなりあと味の悪い話です。

 

オールド・ボーイの監督は、パク・チャヌク。『復讐者に憐れみを』、『オールド・ボーイ』、『親切なクムジャさん』の3作品は、復讐3部作と呼ばれています。

 

オ・デス役を、チェ・ミンシク(『悪魔を見た』、『親切なクムジャさん』、『花咲く春が来れば』)。オ・デスと一緒に謎を解く手伝いをするミド役で、カン・ヘジョン(『キル・ミー(Killme)』、『トライアングル』、『インビジブル・ウェーブ』)が共演しています。

 

 

no.1

 

公式

 

人気

arrow

公式

↑【オールド・ボーイを今すぐ見る】↑


 
口コミ好評20件 やや好評11件 普通7件 悪い口コミ8件 無料お試しする⇒